「希望のシナリオ」実現プロジェクト、2018~2019年度の取組経過まとまる

川崎市では、コミュニティの10 年後を考える「希望のシナリオ」を掲げ、7つの区ごとに多様な主体が連携しながら、その実現に向けた方策を考えています。

宮前区では、「(仮称)宮前区の『希望のシナリオ』実現プロジェクト」と称して、区民と区役所が一緒に、街に出て発見したことやミライにつなげるアイデアを考えながらトライ&エラーを重ねてきたそうです。

その取組の経過が、平成30(2018)~令和元年(2019)年度~市民創発の取組の軌跡~として、発表されたので、是非ご覧ください。

URLはこちら

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。