『みやまえ人(びと)Story』への想い

ずっと住み続けたいまちに。これからも愛すべきまちに。

みやまえ人Story 

LIVE inみやまえ

『みやまえ人(びと)Story』への想い

 

たとえば。

隣に住んでいる人の顔を知らない。

ご近所であいさつする人が何をしているのか知らない。

 

昔は。

もっともっと顔の見える関係があった。

何かあれば声を掛け合い、助け助けられる関係があった。

 

いつの頃からか。

そんな関係が薄れ、社会全体が希薄に思えるようになった。

 

私たち一人ひとりが、

小さな想いを紡いでいくこと。

未来を諦めずに、

小さな種を蒔いていくこと。

 

ほっとくつろげるまちに。

安心して住めるまちに。

助け合えるまちに。

顔の見えるまちに。

 

自分たちの暮らすまちに、

真に希望の持つことの出来るまちに。

そして日本に、そして世界に。

未来ある子どもたちのために残したいもの。

 

 

愛してやまない子どもたちの未来のために。

祈りをこめて。

 

2016年4月25日(mon)

笠原千恵子